大人のための文章教室

清水義範著
講談社現代新書

文章表現に関するエッセイだと考えれば良い

 『清水義範の作文教室』『わが子に教える作文教室』で、子どものための作文指南を展開した清水義範が、大人向けにも作文指南をしたというのがこの本。『わが子に教える作文教室』と同じ講談社現代新書であるため、あの本の続編みたいな位置付けと言える。

 全11講立てで、8講から11講までが種類ごとの文章指南(手紙、実用文、紀行文、随筆)で、その他の講は、文章作成にまつわる各論(接続詞、句読点、文体など)という構成である。

 タイトルにあるように「文章教室」には違いないが、どちらかというと、エッセイの延長というイメージで、文章にまつわるあれこれについて、著者なりの意見をまとめてみたという風情である。だから具体的に「文章はこう書くべし」というような本ではない。それは著者自身も「はじめに」で断っているし、僕自身もそういうものを期待していたわけではないが、文章というものに対して前2著ほどの具体性がなく、子どもの作文ほどの意外性や面白さもないため、多少の物足りなさは感じる。ただし、どの講も大変読みやすく、文章というものに対して考えるきっかけにはなる。実際、そのあたりが著者の狙いだったんだろうと思う。

 したがって、タイトルで示されているテーマに従って、著者の意図通りに書かれた本であるため、文句を言う筋合いのものではないんだが、それでもやはり、少しばかり物足りない感じが残るのである。

-国語-
本の紹介『文章力!』
-国語-
本の紹介『浜文子の「作文」寺子屋』
-国語-
本の紹介『清水義範の作文教室』
-国語-
本の紹介『わが子に教える作文教室』
作文教室はじめます