-文学-

文学

-文学-
本の紹介『少年の日の思い出』

ヘッセの作品以上に
紹介されているエピソードが面白かった

続きを読む
-文学-
本の紹介『戦いすんで日が暮れて』

両足で踏ん張って苦境に立ち向かう姿がヨイ

続きを読む
-文学-
本の紹介『俘虜記』

面白い部分もあるにはあるが
全体的に冗長で読みづらい

続きを読む
-文学-
本の紹介『女坂』

明治女の悲哀、そして強さ

続きを読む
-文学-
本の紹介『カポーティ短篇集』

翻訳レベルでもう少し工夫が欲しかった

続きを読む
-文学-
本の紹介『車輪の下で』

19世紀ドイツと現代日本の共通性

続きを読む
-文学-
本の紹介『日本文学史 近代・現代篇〈七〉』

日本近代短歌・俳句史の入門書として最適

続きを読む
-文学-
本の紹介『「ニューヨーク・タイムズ」のドナルド・キーン』

ニューヨークタイムズに特化した意味がさほどない

続きを読む
-古文-
本の紹介『宇治拾遺物語』

長年の本願を成就
日本の古典文学は奥深い

続きを読む
-文学-
本の紹介『故郷 / 阿Q正伝』

作品も翻訳も良いが
訳者がしゃしゃり出ていてうるさい

続きを読む