先日紹介した昭和の英語教科書、New Prince English Course 3(1975年頃の中学3年用英語教科書)に掲載されていた文章があまりに良くできていたため、ここで紹介することにします。老婆心ながら対訳を付けました(対訳は、自然な日本語にするため、かなり意訳しています)。中3でこれだけの文章が読めるようになったら自信が付きますよね。なお、この項では、文法の例文として紹介されていたのが以下の4つの文章で、複文の構造と関係副詞(現在は高1課程)を勉強することになっているようです。

  ① She told him how to play the guitar.
  ② I don’t know when he'll be back.
  ③ Monday is the day when I'm busy.
  ④ I don’t know what he wants.


Lesson 11
THE SHERIFF AND THE VIOIN

第11課
保安官とバイオリン

① One afternoon the sheriff was riding along a bad road.
“I must bring Dick Adams back to town for trial,” he said to himself. “He committed a crime in town. Perhaps he is hiding in the mountains.”
The sheriff reached a small village at the foot of a mountain. He got off his horse in front of the general store and went in.
“Have you seen Dick Adams around here?“ he asked a woman in the store.
“I haven’t seen him for some weeks.”
“Can you tell me the way to his father’s house?“
“It’s about five mies from here,” said the woman. And she told him how to get to the house.

① 保安官は、ある昼下がり、馬に乗って荒れた道を進んでいた。
「ディック・アダムスを町に連れ戻して、裁判を受けさせなければならない」と心の中で呟いた。「奴は町で法を犯した。おそらく山に隠れてるんだろう」
保安官は、山裾の小さな村に着いた。雑貨屋の前で馬から降り、店に入っていった。
「このあたりでディック・アダムスを見かけなかったかい?」と店の女に訊ねた。
「何週間も見てないね」
「奴の親父の家がどこにあるか知ってるかい?」
「5マイル先よ」と女は言った。そして父親の家に行く道を保安官に教えた。

② The sheriff got off his horse at the gate to Mr. Adams’s house. He stood in the cool wind for a few minutes. Then he walked up to the door and knocked. A woman opened the door and let him walk in.
He found five men at a round table in the center of the room. He said “Good evening,” but they did not say a word. There were six guns in one corner.
“Is Dick here?“ the sheriff asked the oldest man.
“No, he isn’t!“ The answer was quick and angry. “I don’t know where he is or when he’ll be back.”
“I want Dick,” said the sheriff.
“He must go back to town and stand trial.”
The old man picked up a gun and said, “He isn’t here! He isn't.”

② 保安官は、父親の家の門の前で馬を降りた。しばらくの間、涼しい風の中にたたずんでいた。やがて入口まで歩いて行き、ドアをノックした。女がドアを開け、保安官を家に招き入れた。
部屋の真ん中に丸いテーブルがあり、その周りを5人の男たちが囲んでいた。「やあ、こんばんは」と保安官は言ったが、男たちは一言も口にしなかった。部屋の隅に銃が6丁あるのが見えた。
「ディックはいるかい?」と保安官は、年長の男に尋ねた。
「いや、おらん!」答えがすぐに返ってきたが、その言葉は怒りを帯びていた。「あいつがどこにいるかも知らんし、ここに戻ってくるかどうかもわからん」
「ディックを探してるんだがね」と保安官は言った。
「町に戻って裁判を受けなきゃいけないんだ」
老人は銃をとって言った。「息子はおらん! おらんのだ!」

③ The old man pointed his gun at the sheriff.
“Wait!“ said the sheriff. He held up his hands. He was thinking fast. The old man in front of him was very angry. He was going to shoot at any moment. It was a moment when the sheriff had to do something as fast as he could.
“I understand,” he said. “You mountain people don’t tell lies. If you say Dick isn’t here, he isn’t. That’s all. I think I’d better go now.”
The sheriff turned around. The old man ran to the door like a wild animal. He stood there with his legs apart and cried, “Don’t move!“
The other men stood up and picked up their guns.

③ 老人は、銃口を保安官に向けた。
「ちょっと待てよ」と保安官は言った。保安官は両手を挙げ、素早く考えを巡らしていた。目の前の老人はとても怒っている。すぐにでも銃をぶっ放すかも知れない。すぐに何か手を打たなければならなかった。
「わかってるよ」と保安官は行った。「山の男たちは嘘をつかない。ディックがいないってあんたが言ってんだから奴はいないんだ。その通りだ。俺は帰った方が良さそうだな」
保安官は背を向けた。と、老人は、野生の動物のようにドアに駆け寄り、足を大きく開いてそこに立って叫んだ。「動くな!」
他の男たちも立ち上がり、自分の銃を拾い上げた。

④ The sheriff didn’t know what he should do at this moment. Then he saw a violin hanging on the wall. It gave him an idea.
“Oh, you have a violin,” he said to the old man. “I haven’t played for years, but I like playing the violin. May I play?”
The old man did not know what to say. The sheriff walked over to the wall, took down the violin, and began to play some folk songs.
Nobody moved. Nobody said anything. By and by the angry faces of the mountain people became calm. They walked slowly to the chairs and sat down with their guns in their hands.
When the sheriff stopped playing, the old man said, “Will you play ‘My Heart's in the Highlands’?“

④ 保安官は、どうしたら良いかわからなかった。そのとき、壁にかかっているバイオリンが視界に入ってきた。突然考えが一つ浮かんだ。
「おう、バイオリンがあるじゃないか」と彼は老人に行った。「何年も弾いてないが、バイオリンを弾くのが好きでね。弾いていいかい?」
老人は何も言わなかった。保安官は壁のところまで歩いていき、バイオリンを手に取って、古い曲を何曲か演奏し始めた。
誰も動かなかった。誰も何も言わなかった。そのうち、山の男たちの顔から怒りの色が消えていった。男たちは静かに椅子のところに戻り、銃を手に持ったまま座った。
保安官が演奏を終わると、老人は言った。「”My Heart's in the Highlands(俺の心は山にある)”を弾いてくれんか?」

⑤ The sheriff finished playing the song. He put down the violin and said to the old man, “It isn’t good for your son to be hiding. There are other people who are looking for him, too. Some day they will find him. They may shoot him in a fight. Find him as soon as you can, and tell him to give himself up to the police.”
The old man was silent for some time. Then he took the sheriff’s hand and said, “I like your way of doing things. Thank you for your advice. I’ll make Dick go and see you.”
“Fine,” said the sheriff. “Good night, gentlemen.” The sheriff went back to town. Two days later, Dick Adams came to the office where the sheriff worked.
(628 words)

⑤ 保安官は、曲を弾き終わった。そしてバイオリンを置いて、老人に言った。「あんたの息子にとっては、隠れているのは良いことじゃない。あいつを探している奴は他にもいるんだ。いずれあいつを見つけるだろう。そのとき撃ち合いになってあいつを殺してしまうかも知れない。だからすぐにあいつを見つけ出して、警察に身を委ねるよう説得してほしいんだ」
老人はしばらくの間、黙っていた。やがて保安官の手を取って言った。「わしはあんたのやり方が気に入った。ご忠告ありがとう。ディックにあんたのところに行くように言おう」
「すばらしい」と保安官は言った。「ではおやすみ、諸君」。保安官は町に戻っていった。2日後、ディック・アダムスは、保安官の事務所に出頭した。

学習素材
対訳「A BOY'S COINS」
学習素材
対訳「A MUJINA」
オピニオン
教科書回顧 昭和版 vs 令和版
オピニオン
間違いだらけの教科書選び
オピニオン
逍遊流・教科書ガイド