ビギナーズ・クラシックス 保元物語・平治物語

日下力著
角川ソフィア文庫

『保元物語』と『平治物語』は
『平家物語』と同じ書なのか

 『ビギナーズ・クラシックス』シリーズは、最近ではかなりマニアックなラインナップになってきているが、本書の素材である『保元物語』と『平治物語』も一般的に扱われることが比較的少ない類の古典作品であり、「マニアックなラインナップ」の類に入るんではないかと思う。僕自身、もちろん存在は知っているし、内容も保元の乱と平治の乱を扱っていると概ね想像が付くんだが、それでも『保元物語』と『平治物語』に直接接することはまずない。そのため今回、歴史の勉強を兼ね、一つ接しておこうと考えて、本書に当たったわけである。

 一番驚いたのが、『保元物語』と『平治物語』は、『平家物語』と同列の作品だったのではないかという記述で、『平家物語』自体もかつては、『保元物語』、『平治物語』同様、その断片が年号で呼ばれていたという説であった。実際『平家物語』が、さまざまな同時代文献の中で『治承物語』と称せられている例が、本書冒頭の「物語の世界」の節で紹介されている。また『平治物語』が、『平家物語』と同様、琵琶法師によって語られていたことを示す資料もあるらしい。こういったことを考えあわせると、『保元物語』、『平治物語』、『平家物語』は一つの物語、あるいは一連の物語と考えることができる。また『保元物語』と『平治物語』は『平家物語』と文体も似ており、いわゆる和漢混淆体で、非常に読みやすい。もっと教育の現場で取り上げられてもおかしくない素材である。

 保元の乱と平治の乱は、平清盛が台頭するきっかけになった事件で、歴史的には重要だが、なんせ当事者が非常に多くしかも関係が入り乱れていて、なかなか把握しにくい。平氏と源氏の中でも勢力が二分する上、天皇家も摂関家も勢力が二分し、それぞれが利害によって集結し、あるいは滅びあるいは居座りという政治の縮図がそこに現れる。したがって、登場人物さえしっかり把握できれば、内容はかなり面白いと思う。しかも超人、鎮西八郎源為朝なども登場し、彼に関するスリリングな記述も『保元物語』にはある。僕自身は為朝が登場する『保元物語』の方が面白いと思ったが、本書では『平治物語』にも『保元物語』と同程度のページが割かれている。そのため分量も結構あり、本としては相当な大サービスと言えなくもない。ただ当然のようにかなりのダイジェストになっているが、それは致し方ないところ。

 例によって、各項ごとに現代語訳、原文、解説の順で並べられており、僕としてはこの順序が毎回読みづらく感じるが、この方が良いという人もいるかも知れないので、その点は何とも言えない。解説やコラムは非常に懇切丁寧で、図版も活用されており、しっかりした作りの大変親切な本という印象を受ける。そのため、『保元物語』、『平治物語』の入門書としては絶好の本である。この作品やこの時代に関心のある人にとっては、十分楽しめる本であると断言できる。

-古文-
本の紹介『ビギナーズ・クラシックス 太平記』
-古文-
本の紹介『ビギナーズ・クラシックス 大鏡』
-古文-
本の紹介『ビギナーズ・クラシックス 土佐日記 (全)』
-マンガ-
本の紹介『平家物語 (上)(中)(下)―マンガ日本の古典』
-古文-
本の紹介『太平記 (上)(中)(下)―マンガ日本の古典』